九州博多発 ファイナンシャルプランナーのブログ


by fp-haseo

4月29日 畳と伝統

 本日は「昭和の日」です。「激動の日々を経て復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」ことを趣旨として、二〇〇七年に制定された祝日です。
 また、今日は「畳の日」でもあります。かつて四月二十九日が「緑の日」という祝日だった頃、畳の材料である「い草」が生育すると、緑一色になることから、全国畳産業振興会により制定されました。
 畳は日本の伝統文化です。日本で生まれ、長く貴族階級で使われていましたが、江戸時代中期以降は、庶民の間にも普及しました。
 い草の香には、リラックス効果をもたらす成分が含まれているといわれます。また、畳の色も、人肌に近い自然色が安らぎを与えてくれます。和室が落ち着くのは、そうした畳の効果もあるのでしょう。
 昨今の住宅から畳の部屋が少なくなっていることを考えると、「昭和の日」が「畳の日」でもあるのは、偶然とはいえ、不思議な符合のようです。
 今日を機に、伝統的な和室や畳の良さを再確認してはいかがでしょう。

今日の心がけ★伝統を顧みましょう







[PR]
# by fp-haseo | 2017-04-29 05:18 | 倫理研究所「職場の教養」 | Comments(0)

4月28日 個性を伸ばす

 神奈川県伊勢原市にある龍屋物産は、ドライフルーツやナッツなどの珍味・嗜好食品の製造や卸売りを手がける会社です。四十年ほど前から、知的障がいのある人を雇用し続けています。
 同社の特徴は、障がいのある人を一カ所に集めて同じ作業をする、という環境を作らないことです。本人の適性に応じて、様々な部署で働くことができる体制を整えています。
 まずは簡単な仕事を覚えてもらうことから始まり、徐々に複雑な工程へと移行していきます。そのような過程の中で、「計量が寸分の狂いもなくできる」「パッケージの印字の誤植を見つける」など、優れた能力を発見します。
 「障がいのある人たちが自信と誇りを持って健常者と一緒に仕事ができる環境をつくる」という理念のもと、社員が働きやすい環境を追求し続けています。
 誰にでも、適性や向き不向きはあるものです。苦手の克服も大切ですが、生まれ持った個性を伸ばすことができる職場環境を築いていきたいものです。

今日の心がけ★可能性を引き出しましょう







[PR]
# by fp-haseo | 2017-04-28 08:19 | 倫理研究所「職場の教養」 | Comments(0)
 春になり、これまでとは違った環境に身を置いている人も多いでしょう。新たな環境に馴染めず、今の状況に不満を抱いている人がいるかもしれません。
 不満の要因は、百パーセント相手にあるわけではなく、百パーセント自分が悪いわけではありません。それでもつい自分を棚に上げ、不満の原因を他人や環境に求めてしまいがちです。
 そんな時、口ずさんでほしい言葉があります。先人の経験則をユーモアたっぷりに表現し、全米でベストセラーとなった『マーフィーの法則』をご存知ですか。
 一種のジョーク集でありながらも、多くのファンに支持され、深層心理学の分野で研究されるなど、貴重な教訓を含んでいます。その一つを紹介しましょう。
 「あなたに配られたトランプのカードは不利ではない。あなたの考えや感情が不利にも有利にも作用するのだ」。この言葉を口ずさんでみてください。
 相手に変化を求めても状況は変わりません。すぐに変えられるのは、自分の考え方であり感情です。

今日の心がけ★まず自分から変わりましょう







[PR]
# by fp-haseo | 2017-04-27 06:11 | 倫理研究所「職場の教養」 | Comments(0)

4月26日 知らぬ間の慢心

 入社十年目のFさんは営業部で働いています。このたび新しい営業先の担当となりました。
 同僚である前任者から引き継ぎを終え、意気込みも新たに営業先へ向かいました。引き継ぎ事項には様々な留意点がありましたが、Fさんは、これまでのキャリアから、難なく仕事を進めることができました。
 さらには、前任者の不備も見えてきたのです。<こんな仕事ぶりじゃダメだろう>と心の中で責めながら、Fさんは快調に仕事を続けていました。
 しかしある時、上司から「もっと丁寧に仕事をするように」と注意されたのです。前任者と同じような書類のミスがあったのです。
 その業務に慣れることは、悪いことではありません。その一方で、慢心を生じさせることもあるでしょう。<自分はわかっている>という慢心が、Fさんの心の隙を作り、甘えを生じさせていたのです。
 それからは謙虚に、気を引き締めて、業務に臨んでいるFさんです。

今日の心がけ★慣れた仕事ほど気を引き締めましょう







[PR]
# by fp-haseo | 2017-04-26 06:45 | 倫理研究所「職場の教養」 | Comments(0)

4月25日 類似性の法則

 職場内でのチームワークを高めるためには、どうすればよいでしょうか。一つの方法は、互いのことをよく知ることです。
 丸山敏雄は、「知ることによって、敬が高まり、和が強まり、愛が深まる」と、著書の中で述べました。相手を知るほど理解が深まり、理解は誤解を避け、輪のもととなります。
 人は自分と似たものを好きになるといわれます。こうした心の働きを心理学分野では「類似性の法則」と呼んでいます。出身地や出身校、名前や誕生日が同じなどの共通点を見つけると、相手への親近感が増していくといいます。
 一緒に働く仲間のことをもっとよく知ると、意外な共通点が見つかるかもしれません。好きな食べ物や趣味嗜好、応援するスポーツチームなど、意識的に共通点を探してみてはいかがでしょうか。
 互いを知ることからチームの絆を強め、仲間と共に働くことのできる喜びを高めていきましょう。

今日の心がけ★お互いをよく知りましょう







[PR]
# by fp-haseo | 2017-04-25 08:47 | 倫理研究所「職場の教養」 | Comments(0)