九州博多発 ファイナンシャルプランナーのブログ


by fp-haseo

12月18日 信頼を築く

 Aさんの勤める会社に、創立以来、最も若い工場長がいます。周囲からの信頼は厚く、ここ数年、売り上げも右肩上がりです。
 入社五年目のAさんは、工場長に憧れを抱いていました。ある日、「どうしたら工場長のようになれますか」と、思い切って尋ねてみると、返ってきたのは「約束を守ること」という、ごく当たり前の答えでした。
 「約束を守るのは、当たり前だと思うかもしれない。でも、親しい間柄や自分との約束になると、<まあ、いいか>という気持ちが出てくる。どんな約束でも、喜んで守ることは、案外難しいことだよ」
 Aさんは工場長の言葉をよく考えてみました。確かに、内輪での約束は軽視してしまいがちです。そして、義務的に約束を守ることのほうが多く、「喜んで」約束を守るという発想はありませんでした。
 支払や納期の約束も、嫌々ではなく、喜んで守っているところに、工場長の信頼の源があることに気づいたAさんでした。

今日の心がけ★喜んで約束を守りましょう









[PR]
# by fp-haseo | 2017-12-18 07:01 | 倫理研究所「職場の教養」 | Comments(0)
 「一年の計は元旦にあり」といわれますが、今年の初めに、どのような年にするのか、目標や計画を立てた人もいるでしょう。
 「一年の計」には諸説ありますが、中国、明の時代の『月令広義』に、「四計」として「一日の計は朝にあり、一年の計は春にあり、一生の計は勤めにあり、一家の計は身を修めるにあり」と記されていることが由来だと言われています。
 「計」とは数える、はかることですが、この言葉は、物事の初めにはしっかりと計画を立てることが大切だと教えています。
 計画を立てたならば、行動する、そして吟味する、いわゆる「plan,do,check」が欠かせません。
 一日のチェックは夜、一月のチェックは月末、一年のチェックは年末にするのが効果的でしょう。チェックがあってこそ、新たな計画が立てられるものです。
 今年一年の計画、行動を振り返って見直し、できた点、反省点を整理して、新たな年を迎える準備をしたいものです。

今日の心がけ★年頭の計画を振り返りましょう








[PR]
# by fp-haseo | 2017-12-18 06:50 | 倫理研究所「職場の教養」 | Comments(0)

12月16日 予兆を捉えて

 Uさんはある時、耳に違和感を覚えました。
 痛み自体はそれほど酷くはないのですが、早めに耳鼻咽喉科で診てもらうことにしました。子供の頃、痛みを放置して中耳炎を悪化させた経験があり、その時の苦い思い出が脳裏をよぎったからです。
 診察してもらうと、耳に異常はないということでした。しかし、鼻づまりと粘膜の腫れがあり、それが耳に影響していたのです。
 <なぜ鼻がつまるのだろう>と考えていたところ、エアコンをつけたまま寝てしまった際に寝苦しかったことを思い出しました。調べてみると、エアコン内部のカビが、鼻炎などの原因になりやすいことがわかったのです。
 Uさんはこれまで、エアコンのフィルターは掃除しても、内部のフィンやファンの手入れをしたことはありませんでした。
 冬の寒さが厳しくなる前に、普段は目につかないエアコン内部の手入れをしたUさん。耳の痛みから、思いがけず大掃除のきっかけを得ることができました。

今日の心がけ★早めに対処しましょう








[PR]
# by fp-haseo | 2017-12-16 06:27 | 倫理研究所「職場の教養」 | Comments(0)

12月15日 晴れ男

 どこかへ出かける際に、その日の天候がいつも良い人と、雨の日の多い人がいます。俗に言う「晴れ男・晴れ女」や「雨男・雨女」です。
 A君は雨男だといわれています。出かける日は、いつの季節でも、ほとんど雨です。一方、晴れ男と言われるB君は、良い天気に恵まれます。
 ある日、B君が外出しようとすると、雨が降り出しました。それを見ていたA君が、「晴れ男の君にも、そういうことがあるんだね」と声をかけました。
 B君は、特に雨をいやるがるようでもなく、「雨でも晴れでも、僕はどちらも好きなんだよ」と答え、サッと傘を開いて出て行きました。
 晴れていることを喜びながら、雨にも感謝している姿を見たA君は、いつも自分は雨を嫌がっていることを思い返しました。
 雨、風などの自然は、地球にちょうど良い働きをしてくれています。どのような天気であっても、そのままに受け入れるべきでしょう。
 今日の天気に感謝し、喜んで受け止める一日にしたいものです。

今日の心がけ★今日の天気に感謝しましょう







[PR]
# by fp-haseo | 2017-12-15 09:25 | 倫理研究所「職場の教養」 | Comments(0)

12月14日 時間の使い方

 職場内で尊敬されているF課長は、多くの仕事を抱えていても、「忙しい」という言葉を口にしたことがありません。
 スイスの心理学者アルフレッド・ビネーの格言に「いちばん忙しい人間が、いちばんたくさんの時間を持つ」とあるように、F課長は、隙間時間を大切にしています。
 まとまった時間が作れなくても、五分や十分という細切れの時間は、一日のうちに必ずあるものです。そうした時間を有効に活用しましょう。たとえわずかな時間でも、積み重ねることで、有意義な時間となるでしょう。
 もちろん、わずかな時間を、ただボーっと過ごしていては何も生まれません。始業前に、仕事にかかる目安時間の大まかな予測を立てて、細切れの時間ができたら、すぐに活用していくことが大切です。
 わずかな時間を有効に活用できる人は、様々な経験を積むことができ、より多くのことを身につけられるでしょう。

今日の心がけ★隙間時間に目を向けましょう







[PR]
# by fp-haseo | 2017-12-15 09:13 | 倫理研究所「職場の教養」 | Comments(0)