人気ブログランキング |

九州博多発 ファイナンシャルプランナーのブログ


by fp-haseo

7月29日 暑さを乗り切る

 今日は「土用の丑の日」です。「土用」の期間は年四回ほどあり、春夏秋冬の四季の間に、それぞれ十八から十九日間あります。
 土用の中でも、夏の土用は、夏バテをしやすい時期にあたり、昔から「精の付くもの」を食べる習慣がありました。また「丑の日に“う”の付く物を食べると身体に良い」との言い伝えもあったようです。
 丑の日にうなぎを食べる習慣が定着したのは、江戸時代からです。幕末の学者・平賀源内が、夏に売れないうなぎの販売方法を相談され、「本日丑の日」の張り紙をしたところ、大繁盛したのがきっかけだといわれています。
 夏にうなぎを食べるのは、暑さをしのぐために生まれた先人の知恵でした。私たちも、身の回りでできる消夏法を考えてみましょう。道路に打ち水をしたり、ゴーや棚を作って温度を下げたり、様々な方法があるものです。
 暑さを嫌がっても涼しくなりません。今いる環境で創意工夫をして、夏の暑さを前向きに乗り切っていきましょう。

今日の心がけ★暑さをしのぐ工夫をしましょう
by fp-haseo | 2014-07-29 08:22 | 倫理研究所「職場の教養」 | Comments(0)