九州博多発 ファイナンシャルプランナーのブログ


by fp-haseo

3月16日 エレベーターでの会話

 人の本音は、リラックスできる空間で表れるものです。しかし、職場では、気が緩みやすい場でも、ある程度の緊張感を保つ必要があります。
 会議を終えたTさんが、エレベーターに乗っていた時のことです。ホッと一息ついて、隣り合わせた同僚と会話を弾ませていました。
 つい砕けた口調で会議の内容について話していたところ、同情していた先輩に「エレベーターの中も職場だぞ」と窘められたのです。
 部外秘の内容を検討した会議の直後だっただけに、先輩は、守秘義務を徹底するため、饒舌になりかけていたTさんを注意したのでした。
 「壁に耳あり、障子に目あり」といいます。エレベーターのみならず、洗面所、通勤電車の中など、どこで誰が何を見て、何を聞いているかわかりません。
 極度に警戒する必要はありませんが、職場内や、その延長上にある場所では、良識と節度を持った行動が求められます。
 良い意味での緊張感を持って、職場生活をキリッと引き締めたいものです。

今日の心がけ★職場内での会話に注意しましょう







[PR]
by fp-haseo | 2017-03-16 05:51 | 倫理研究所「職場の教養」 | Comments(0)