九州博多発 ファイナンシャルプランナーのブログ


by fp-haseo

<   2013年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

11月30日 箸の持ち方

 世界中で、日本食の人気が高まっています。
 日本食文化と切り離せないのが、美しい箸の使い方です。最近では伝統的な持ち方ができない親世代も増えています。
 内閣府・食育推進室は平成二十二年、十代~七十代の千八百二十人に対して、食事に関する調査を実施しました。その結果、正しい伝統的な箸の持ち方をしていたのは、約半数の54%でした。
 伝統的でない箸の持ち方は、「食べにくそう」「食べ物をうまくつかめない」ように見えます。また、一緒に食事をする人に、不快な思いを与えるようです。
 作法とはマナーのことです。マナーとは、お互いが気持ちよく過ごせるルールです。自身の食事をする時の食べ方は、いかがでしょうか。食べる姿に自分の育ちや品格が現れるものです。
 楽しく食べることも食事には大切ですが、日本人としての伝統を今一度見直し、食事の作法を点検してみましょう。

今日の心がけ★美しく箸を持ちましょう
[PR]
by fp-haseo | 2013-11-30 05:26 | 倫理研究所「職場の教養」 | Comments(0)
 職場では一人ひとりが先を読み、先手の行動を心がけることによって、生産力や効率を向上させることが大切です。
 しかし、気づかないうちに自分を見失い、人間関係がこじれて、仕事の進捗を遅らせてしまう要因を作ってしまう場合があります。
 例えば「早合点」です。物事の一場面だけを見て、あたかもすべてわかったような気になり、真実を曲解してしまうというケースです。
 早合点は、自分がイメージした通りにことが進まない時や、逆に、先読みのイメージが追いつかず、焦ってしまう時などに起こりやすいものです。
 いずれも、思うように行かなくなり、人や物に対して責め心が強くなります。知らないうちに、自分を見失っている状態といえます。早く済ませようと焦るあまりに責め心が湧いてきたならば、「急がば回れ」の精神でいきましょう。
 責め心を捨て、「事実はどうなっているのか」という状況判断を、徹底的かつ確実に行ないます。それが結果的に、より良い成果を上げるためのポイントです。

今日の心がけ★徹底して事実を確認しましょう
[PR]
by fp-haseo | 2013-11-29 04:52 | 倫理研究所「職場の教養」 | Comments(0)
 富士山が世界文化遺産に登録されました。静岡県内三つの登山口で、今年八月、約二千名の参加者によって一斉清掃が行なわれました。
 一斉清掃は今年で三十四回目です。登山者の増加により、ゴミも増えるのではないかと懸念されましたが、最も登山者が多い富士宮口でも、昨年の夏に比べ、ゴミの量は微増にとどまっていました。
 その一方、ある富士登山ナビゲーターは「山小屋前のベンチ下や登山道の隅などにゴミをポイ捨てする人が依然として多い。ゴミは持ち帰って、と粘り強く呼びかけていく必要がある」と登山者のマナー向上を訴えています。
 大自然の様々な恩恵を受けて、日々の生活を送っている私たちです。自然の恩恵を思う時、不用意にゴミを捨てる行為は、あってはならないことでしょう。
 世界遺産であるなしにかかわらず、自然環境の保全に努めていくことが大自然への恩返しです。身近な自然へ心を配ることが、人としての優しさであると肝に銘じていきたいものです。

今日の心がけ★環境保全に心を配りましょう
[PR]
by fp-haseo | 2013-11-28 05:56 | 倫理研究所「職場の教養」 | Comments(0)

11月27日 負けました

 小学校教師の安次嶺隆幸さんは、日本将棋連盟の学校教育アドバイザーとして、将棋の持つ教育的意義を提唱しています。
 一時はプロの棋士を目指したこともあるだけに、安次嶺さんは「礼」を大切にする将棋の魅力を次のように語っています。
 「負けを自ら宣言しなければならない将棋は、日本人が忘れかけている大切な心に気づかせ、それを自然と身につけることができるメソッドを内包していると言っていいでしょう」
 「負けました」と宣言することは自分の弱さやミスを受け止めて、悔しい気持ちを折りたたみ、負けの責任を自分でとることになる。それは「弱い自分に打ち克ったぞ」という能動的宣言でもある、と安次嶺さんは言うのです。
 負けるのは悔しいことです。しかし、負けをきちんと受け止めてこそ、その先の成長があるのでしょう。「悔しいからやめた」ではなく、逃げずに自分の内面と向き合うことから、次の一歩が始まるのです。

今日の心がけ★逃げずに取り組みましょう
[PR]
by fp-haseo | 2013-11-27 05:35 | 倫理研究所「職場の教養」 | Comments(0)

11月26日 優先順位

 爽やかに生活し、効率よく仕事をする秘訣があります。それは、気づいたことをうやむやにしないことです。
 具体的には、気づいたらすぐ行なう「即行」と、気づいたら即やめる「即止」です。気づいたことをその場で実行するだけが、即行ではありません。
 すぐにはできない場合に、「いつかやろう」とうやむやにせず、メモを取るなどして処理することも、即行に当てはまります。
 気づきを実行に移すには、今行なっている事柄の手をいったん止めて、頭の中で優先順位をつけることがまず最初です。これも「即止」に当てはまります。
 ①今すぐやること、②その次でいいこと、③よく考えてからすること、の三つに分けて、①であれば、すぐに行います。②や③であれば、メモを取って処理をしましょう。この習慣を積み重ねて、実行していけば、仕事のスピードや判断力、決断力が飛躍的に磨かれていきます。
 気づいたことをうやむやにせず、さわやかな気分で生活しましょう。

今日の心がけ★即行動しましょう
[PR]
by fp-haseo | 2013-11-26 05:31 | 倫理研究所「職場の教養」 | Comments(0)

11月25日 一歩前へ

 人間の体は前向きにできています。
 顔は、前方からの情報をキャッチし、前に情報を発信しやすいようになっています。手は、前のものをつかみ、前で作業するのに適しています。足も、前に進むのに最適です。
 一方、思考は容易に後ろを振り返ることができます。過去を反省することができ、感動もよみがえります。悩みが深くなったり、後悔したりもします。
 もしネガティブな思考が強くなった時には、体の特徴を活かして、意識して一歩前に出る工夫をしてはいかがでしょう。
 例えば、普段より三十分早く起きてみる、エレベーターを使わず階段を上ってみる、マンネリになっている通勤・通学の道を変えてみる、大きな声で挨拶をする、などです。
 湯川秀樹氏の「一日生きることは、一歩進むことでありたい」の言葉のように、等身大の一歩を踏み出す、大いなる実験を試みてはいかがでしょうか。

今日の心がけ★一歩前に踏み出しましょう
[PR]
by fp-haseo | 2013-11-25 06:51 | 倫理研究所「職場の教養」 | Comments(0)

11月24日 一念発起

 「一念発起」とは、ある事を成し遂げようと決心することです。
 しかし、人は、決心した大事な事を今すぐやらずに、「まあ、いいか」と、先に延ばす癖があります。そして、「あの時、やっておけばよかった」と後悔するのです。まさに、「後悔先に立たず」です。
 行動を起こす前に面倒がって、今やれない理由を、先に考えてしまうからでしょう。後悔を繰り返さないためには、「やれない理由」を考えるよりも、「どうすればできるか」を考えることが大切です。
 創意工夫を凝らし、まずやってみることです。そして、思い立ったら止めずに、簡単に諦めないことです。
 思い立ったその瞬間が、最良のチャンスです。グズグズしないで、一気にやりぬきましょう。その行為が、今を充実させていくのです。
 人生の行路には、早すぎるとか、遅すぎると言うことはありません。「思い立つか、立たないか」「やるか、やらないか」、ただそれだけです。

今日の心がけ★「どうすればできるか」を考えましょう
[PR]
by fp-haseo | 2013-11-25 05:51 | 倫理研究所「職場の教養」 | Comments(0)
 勤労感謝の日は、一九四八年に制定されました。制定以前の十一月二十三日は、その年の収穫に感謝する、新嘗祭を記念する祭日でした。
 私たちは、衣食住に関する多くの物に囲まれて、生活をしています。当たり前にあるものがなくなってしまったら、困り果ててしまうでしょう。
 日本には食べ物が豊富にあります。それ故に、食物を粗末に扱っていないでしょうか。食物が作られた由来を知ると、決して粗末にはできないものです。
 「お米づくりには八十八の手間ひまがかかる」といわれています。種まきから稲刈りの収穫まで、目に見えないところで、多くの人の労力がかかっています。
 あらゆる物には、それを作る人たちの心を込めた働きがあって、私たちが手にしたり、味わったりすることができるのです。
 世界を見渡してみると、どれだけたくさんの人たちが、飢えと貧困に悩まされているでしょう。改めて、恵まれた国に生活していることへの感謝と、物への感謝を心に深く刻みたいものです。

今日の心がけ★自然の恵みに感謝しましょう
[PR]
by fp-haseo | 2013-11-23 05:30 | 倫理研究所「職場の教養」 | Comments(0)

11月22日 集中と調整

 日本能率協会総合研究所の広田薫氏は、残業のタイプを九つに分類します。
 無駄な残業を見直す上で、個々の意識で改善が可能なのは、「生活型」「罰ゲーム型」「ダラダラ型」「なりゆきまかせ型」「自己満足型」の五つです。組織的な対処が望ましいのは、「付き合い型」「抱え込み型」「独りよがり型」です。
 そして、一人前を目指す若手には、実力を養い、目標を設定する能力を習得するため、将来の貯蓄としての「がむしゃら型」を奨励しています。
 残業をする際、仕事の締切りと計画を自ら定めて、その都度、進捗状況の報告をすることも、最低限のルールと心得たいものです。報告を怠ったため、やり直しや修正が生じて残業を増やすのでは本末転倒です。
 業務に集中するため、外部をシャットアウトする手法も紹介される昨今です。しかし、自分の都合を最優先するだけで、お客様や上司との連携と調整を図る工夫を後回しにするようでは、正しい集中の仕方とはいえないでしょう。
 集中力と調整力の要請を図りながら、無駄を削ぎ落としていきましょう。

今日の心がけ★仕事の無駄を改善しましょう
[PR]
by fp-haseo | 2013-11-22 07:52 | 倫理研究所「職場の教養」 | Comments(0)

11月21日 わかりません

 Mさんは、近所に駐車場を借りるため、管理しているB社に電話をしました。
 すると「その駐車場は担当の者がおりますので、折り返し連絡します。その物件でしたら、だいぶ空きがありますから、多分大丈夫ですよ」との返答でした。
 ところが、担当者から連絡があり「その駐車場を借りている人と、大家さんとの間でトラブルになっていて、今は貸せません」と言うのです。「いつになったら借りられますか」と尋ねると、「わかりません」との答えでした。
 そっけない返答にピンときたMさんは、<きっと他にいい場所があるだろう>と思い、「わかりました、ありがとうございました」と、サッと電話を切ったのです。
 数日後、Mさんは友人の紹介で、別の駐車場を契約しました。その一ヵ月後、B社が倒産したことが、地元紙で報じられました。
 たしかに、「いつ貸せるかわからない」のは本当でしょう。しかし、お客様の立場に立ってみれば、あまりに自分本位の応対です。
 わからない時にどう伝えるか。ここに信用を生むポイントがあります。

今日の心がけ★お客様の立場に立った仕事をしましょう
[PR]
by fp-haseo | 2013-11-21 05:31 | 倫理研究所「職場の教養」 | Comments(0)