九州博多発 ファイナンシャルプランナーのブログ


by fp-haseo

<   2017年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

9月30日 何のために

 現在、ビジネスの世界で頻繁に見聞きする「モチベーション」という言葉は、「意欲」や「やる気」といった意味で使われます。
 もとは心理学の用語で、意欲の源となる「動機」を指します。一九九八年に日本が初出場したサッカーワールドカップ・フランス大会の頃から、テレビや新聞などで盛んに使われるようになりました。
 皆さんにとって、仕事に向かうモチベーションを高めるものは何でしょうか。生活のため、達成感、自身のスキルアップ、難しい仕事をやり遂げる、あるいは、周囲からの励ましの言葉など、人それぞれにあるでしょう。
 ただし、モチベーションが独善的なものでは、より良い成果を上げられないばかりか、組織活動を乱すことにつながりかねません。
 大切なのは、自分の働きが誰かに喜ばれることを意欲の源泉にできること、さらには、働きの目的が自社の目的や理念と一致していることです。
 毎朝の朝礼などで、「何のために」「誰のために」をチェックしたいものです。

今日の心がけ★働きの目的を再確認しましょう








[PR]
by fp-haseo | 2017-09-30 06:17 | 倫理研究所「職場の教養」 | Comments(0)

9月29日 お守りのご加護

 Tさんの仕事は運送業です。家具を積んで、日夜トラックを運転しています。
 運転席のダッシュボードには、交通安全のお守りが多数貼り付けてあります。神社を見かけると、そこでお守りを買い求めるのがTさんの習慣でした。
 ある神社でお守りを買おうとしている時、神社の宮司さんがTさんの車を眺めていました。「このトラックはあなたのものですか」と問われ、「そうです」と返事をしました。
 すると、その宮司さんから、「いろいろな神社のお守りがいっぱいですね。いくらお守りを持っていても、あなたが交通規則を守り、安全運転をしなければ、神様は守ってくれませんよ」と言われたのです。
 言われてみると、たしかにその通りです。Tさんは、運転する前にハンドルを撫でて、「今日の安全運転をします。よろしくお願いします」と言ってから運転をするようになりました。
 その日以来、Tさん無事故無違反です。相変わらずお守りを集めています。

今日の心がけ★安全運転を心がけましょう









[PR]
by fp-haseo | 2017-09-29 07:55 | 倫理研究所「職場の教養」 | Comments(0)
 Mさん一家がレストランへ食事に行った時の出来事です。Mさんの息子は、アレルギー体質のため、メニューにある料理を注文することができません。
 妻の手作り弁当を持参し、持込を受け入れてもらえるか、店長に事情を伝えると、即座に了承してくれたのでした。
 店長は「お母様、ご苦労の多いことでしょう。作られたお弁当をお預かりできますか。ディナー用の器に乗せて用意させていただきます」と言いました。店長の対応に、家族全員が感動しながら食事をしたのでした。
 また、支払の際には、店長が「いつでもお越しください。お待ちしております」と、笑顔で見送りをしてくれたのでした。すぐに次回の食事の予定も計画せずにはいられないMさん一家でした。
 同様の対応をどの店でもすることは難しいでしょう。とはいえ、お客様の求めるものを的確に捉える気配りがあったのは事実でしょう。
 今後の良い関係につながる応対を心がけたいものです。

今日の心がけ★プラスアルファのサービスを目指しましょう








[PR]
by fp-haseo | 2017-09-28 05:31 | 倫理研究所「職場の教養」 | Comments(0)
 エンジニアのHさんは、出張の多い部署で働いています。システム開発やトラブル対応のために、月の半分は、顧客先へ出向いています。
 出張先から、結婚して間もない妻に電話をし、一日の出来事を聞くのですが、会話の中で寂しさを訴えてくるのです。出張の多いことは、結婚前に承知してもらっていたので、<仕事の都合も理解してほしい>と思っていました。
 ある休日、Hさんは気づいたことがありました。買い物や洗濯などの家事は、夫婦で分担してやったほうが効率的だと思っていたのですが、それが「家にいても一緒にいない」状態を作っていたのです。
 そこで、家にいる時は、妻と徹底的に時間を共有しようと考えました。掃除をするのも、洗濯物を干したり畳んだりするのも、一緒にやることにしました。ゴミ出しも一緒に行くようにしました。
 このことを始めてから、妻は「楽しい」と頻繁に言うようになりました。妻が理解してくれないのではなく、自分が妻を理解していなかったのです。

今日の心がけ★心の声に耳を傾けましょう








[PR]
by fp-haseo | 2017-09-27 06:00 | 倫理研究所「職場の教養」 | Comments(0)

9月26日 締め切り間近に

 機械メーカーに勤めて六年目になるIさんには、今でも教訓にしている経験があります。
 それは、お客様立ち会いのもとで、機械の試運転をする日が近づいていた時のことでした。機械の動力であるモーターの納入が遅れていたため、作業が止まっていました。Iさんは焦りと苛立ちで、思わず先輩に愚痴をこぼしました。
 すると先輩は「ない物に対して焦っても意味がないじゃないか。それよりも、今確認できることをしてみたらどうだ」と、アドバイスをくれました。
 Iさんが機械を手動で動かしてみると、部品が擦れ合って動作に問題があることが判明しました。すぐに設計者と相談し、部品を加工することで問題が解決したのです。後日モーターが届き、何とか試運転日に間に合ったのでした。
 もし、動作確認をしないままモーターを待ち続けていたら、試運転には間に合いませんでした。それを思うと、今でも背筋がゾッとするのです。
 Iさんは焦るような状況であっても、今できることに取り組んでいます。

今日の心がけ★時間を上手に使いましょう








[PR]
by fp-haseo | 2017-09-26 08:55 | 倫理研究所「職場の教養」 | Comments(0)
 旅行代理店に勤務するYさんは、東京の営業所へ移動になった直後、ちょっとしたミスから、マイナスイメージのスタートを切ることになりました。
 アレルギー性鼻炎のため、一年中鼻の調子が悪いYさん。東京では、駅前で無料のポケットティッシュが配られていることに得な気分となり、次々にもらっては、左右のポケットや鞄に詰め込んでいました。
 新しい営業所に勤務するようになって三日目、昼食中に、隣の女子社員がお茶をテーブルにこぼしてしまいました。ここぞとばかりに、ジャケットからティッシュを出して、「どうぞ使ってください」と差し出しました。
 女子社員がありがたそうに受け取ったものの、一瞬にして顔色を変え、「使用したものが入っていますけど」と、怪訝な顔をされてしまったのです。
 動揺したYさんは、午後からの仕事でも、ミスを重ねてしまいました。<すぐ捨てなかった結果がこれか>と後悔と反省をしたYさんは、職場でも家庭でも、後始末を怠らないようにしようと誓ったのです。

今日の心がけ★見えないところも後始末をしましょう







[PR]
by fp-haseo | 2017-09-25 07:21 | 倫理研究所「職場の教養」 | Comments(0)
 私たちは日頃、どのような態度で人の話を聞いているでしょう。相手の声に、何かしら反応をしているでしょうか。
 相手が話している時、こちらの反応が薄いと、話し手は<ちゃんと内容が伝わっているのだろうか>と不安になり、会話も弾まなくなります。
 頷きや「はい」「ええ」といった相槌を入れること、また、相手の言葉を繰り返すだけでも話しやすくなるものです。
 さらには「さすが」「すごい」など、少し大げさなリアクションを入れることで、話を引き出すことができ、会話も弾むようになります。
 人は誰でも、話しを聞いてもらえると、自分の存在が認められたような気持ちになって嬉しいものです。聞く姿勢一つで、会話が弾み、互いの距離感が縮まり、信頼関係を築くこともできます。
 職場や家庭において、会話でのコミュニケーションは欠かせません。まず話を聞く姿勢から、より良い人間関係を築きたいものです。

今日の心がけ★聞く姿勢を見直しましょう








[PR]
by fp-haseo | 2017-09-25 07:09 | 倫理研究所「職場の教養」 | Comments(0)

9月23日 秋の夜長

 今日は秋分の日です。昼と夜の長さがほぼ同じになり、今日を境に夜の時間が徐々に長くなっていきます。
 日本では旧暦の九月を「長月」と呼びました。現在の暦では十月から十一月にかけての時期にあたります。長月の語源は諸説ありますが、「夜が長くなる月=夜長月」が転じて長月になった、という説が一般的なようです。
 また、秋分の日の前後三日間は「秋の彼岸」にあたり、この時期は一般的にお墓参りをする風習があります。
 地域差はありますが、「暑さ寒さも彼岸まで」といわれます。この頃には、夏の暑さが和らぎ、涼風が立ち始め、比較的過ごしやすくなってきます。
 夕方から夜にかけて、草むらに秋の虫がすだき始めるのも、ちょうど今頃です。そろそろ衣替えの時期にもなってきます。
 四季のある日本では、季節によって様々な風習や文化が生まれ、今日まで伝えられてきました。今日をきっかけに、季節の変化に心を向けてみませんか。

今日の心がけ★季節を味わう心のゆとりを持ちましょう







[PR]
by fp-haseo | 2017-09-23 06:09 | 倫理研究所「職場の教養」 | Comments(0)

9月22日 深呼吸して

 人の自律神経は、体を興奮状態にする「交感神経」と、安静状態に保つ「副交感神経」から成り立っています。
 相反する二つの作用がバランスをとることで、人間本来の機能が発揮されるのですが、現代のストレス社会では、交感神経が優位になりやすいそうです。
 自律神経の乱れは、様々な病気にもつながりかねません。副交感神経を活動させるために、深呼吸を勧めるのは、和歌山県立医科大学の小倉光光博准教授です。
 「ゆっくりと深呼吸する肺の動きに伴い、副交感神経を刺激して体全体をリラックスさせるとともに,脳に酸素を取り込み、混乱した脳を落ち着かせることができる」と小倉氏はアドバイスします。
 忙しい毎日でも、まずは一日に数回、ゆっくりと深呼吸することを意識してみてはいかがでしょう。
 また「怒りの感情のピークは六秒間」だといわれます。ゆっくり息を吸って吐く深呼吸は、思わずカッとした時に、心を静めることにも効果的です。

今日の心がけ★ゆっくりと深呼吸をしてみましょう








[PR]
by fp-haseo | 2017-09-22 07:59 | 倫理研究所「職場の教養」 | Comments(0)

9月21日 挨拶のTPO

 Nさんは日頃から、出会った人に笑顔で挨拶することを心がけています。
 ある朝、Nさんは朝刊を取りに外へ出ました。すると、隣の婦人が自宅から出て来て、子供と車に乗り込もうとしているのが見えました。
 いつものように、Nさんは笑顔で「おはようございます」と挨拶をしました。すると、婦人は目を合わせずに、急いで車に乗って出かけてしまったのです。不思議に思い、Nさんは妻にこのことを話しました。
 妻は「奥様は、帽子を深く被っていなかった?」と意外なことを言いました。そして「朝は忙しいの。もしかしたら、お化粧をする時間がとれなかったから、顔を見られたくなかったのかもしれないわよ」と言うのです。
 それを聞き、<自分にはいいことでも、相手にとっては、そうではない場合があるかもしれない>と思い直しました。
 以来、挨拶を交わす際には、TPO「Time(時間)・Place(場所)・Occasion(場合)」を意識しています。

今日の心がけ★相手に気を配りましょう








[PR]
by fp-haseo | 2017-09-21 05:34 | 倫理研究所「職場の教養」 | Comments(0)