九州博多発 ファイナンシャルプランナーのブログ


by fp-haseo

<   2018年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 ・いくらの物件なら購入できる?

 ・住宅ローンの負担を軽くしたい  など

財形住宅貯蓄とは

勤労者が会社の協力を得て、給与から一定額を天引きして行う、住宅資金のための積立貯蓄です。

「財形年金貯蓄」と合わせて、貯蓄残高550万円まで利子等に税金がかかりません。

「財形持家融資」の利用が可能となります(他に要件があります)。


[PR]
by fp-haseo | 2018-04-27 07:29 | FP長谷尾の「楽しい人生」 | Comments(0)

 ・子どもの教育資金はどう準備したらいいの?

  ・住宅ローンと教育の両方を払っていけるのか不安  など

教育資金の一括贈与に係る贈与税の非課税措置

・祖父母(贈与者)は、金融機関(注1)に子・孫(受贈者)名義の口座等を開設し、教育資金を一括して拠出。 この資金について、子・孫ごとに1,500万円(注2)を非課税とする。

・ 教育資金の使途は、金融機関が領収書等(注3)をチェックし、書類を保管。

・ 孫等が30歳に達する日に口座等は終了。

・ 平成25年4月1日から平成31年3月31日までの措置。



c0164679_08072074.jpg

[PR]
by fp-haseo | 2018-04-24 08:08 | FP長谷尾の「楽しい人生」 | Comments(0)

 ・年金はいつから、いくらもらえるの?

 ・出産や育児でもらえるお金って?  など

年金が主な収入源となる65歳以降、どうすれば不安を少なくしていけるのか。定年間近ではなく、30代・40代の若いうちからの資産運用や、老後の就業も視野に入れた生活を真剣に考えていくことが大切です。


[PR]
by fp-haseo | 2018-04-23 09:11 | FP長谷尾の「楽しい人生」 | Comments(0)

新聞の読み方

c0164679_08574739.jpg

[PR]
by fp-haseo | 2018-04-20 08:57 | FP長谷尾の「楽しい人生」 | Comments(0)

・老後の生活費はどのくらいかかるのか?

・老後の生活資金をどのように準備したらいいの  など

  まずは、人生設計(ライフプラン)を若いうちから考える

  老後の生活設計は、①年金以外の収入を②健康寿命を延ばす③趣味など自分の好きなことで人生を楽しむこと、ではないでしょうか


[PR]
by fp-haseo | 2018-04-19 08:06 | FP長谷尾の「楽しい人生」 | Comments(0)

家計管理

  ・貯蓄をするためには家計をどう見直したらいいの

  ・家計管理の方法はどうすれば? など

家計管理の基本は、二宮金次郎の

  ・収入に応じたその範囲内で生活をすること

  ・節約、倹約によって生じた財産は将来に備えること

世帯主の年代別に見る2人以上の勤労者世帯の消費支出

<総務省「家計調査年報」/2016年>


上段:支出額(千円) 

年代

消費
支出
(千円)

食料

住居

光熱

水道

家具

家事
用品

被服
及び
履物

保健
医療

交通

通信

教育

教養
娯楽

その他

30
39

271.0

66.0

23.8

17.9

11.0

12.7

9.6

46.7

12.5

27.6

43.3

40
49

319.7

78.1

16.6

21.2

10.5

14.8

10.9

49.1

29.2

34.1

55.2

50
59

353.1

79.2

16.4

22.3

11.2

14.0

11.8

58.0

27.5

31.3

81.3

60
69

292.5

76.4

19.7

21.5

11.6

10.3

13.6

41.7

2.2

26.9

68.7



[PR]
by fp-haseo | 2018-04-18 09:47 | FP長谷尾の「楽しい人生」 | Comments(0)

 「FP」は、人それぞれの夢の実現をお手伝いする「家計のホームドクター®」です

 結婚する、家を建てる、子供を留学させる、老後は海外で過ごすなど、わたしたちの将来の夢や目標をかなえるためには、まず、実現までの計画をしっかり立てることが大切です。この人生設計が「ライフプラン」です。

そして、わたしたちの夢や目標に対して、総合的な資金計画を立て、経済的な側面から実現に導く方法が「ファイナンシャル・プランニング」です。

これらの計画を立てるためには、金融、税制、不動産、住宅ローン、生命保険、年金制度などの幅広い知識が必要になります。これらの知識を備え、わたしたちの夢や目標がかなうように一緒に考え、サポートするパートナー、いわば、「家計のホームドクター®」のような存在がファイナンシャル・プランナー(FP)です。

FPは、幅広いくらしとお金の相談にのり、総合的に生活設計を行っていきます。

(NPO法人 日本ファイナンシャル・プランナーズ協会 HPより)


[PR]
by fp-haseo | 2018-04-17 10:00 | FP長谷尾の「楽しい人生」 | Comments(0)
c0164679_08324787.jpg
1889
年の今日は、喜劇俳優であったチャールズ・チャップリンがイギリスで生まれた日。

チャップリンは、ある映画の中で、「楽しい人生のために必要なものを三つあげると・・・

「愛」と「勇気」と「少しばかりのお金」と言っています。

さてあなたは、「   」と「   」と「   」



[PR]
by fp-haseo | 2018-04-16 08:33 | FP長谷尾の「楽しい人生」 | Comments(0)